さんとうかの

 


f:id:acchikocchiitiza:20190728141626j:image

 

ミュージアムが ゆのひらおんせんに

 

 

漂泊の 俳人 種田山頭火

 

旅芸人 ですから そりゃ もちろん あこがれが

 

芭蕉か 山頭火か ってもんで

 

 

ぐっと くる 自由律の 一句が たくさん

 

 

どうしようもない自分があるいている

 

なんてのは しみましたねえ

 

 

で うしろ姿のしぐれてゆくか

 

これも しみましたねえ

 

 

この一句 ゆのひら とうりゅうの さいの だそうで

 

しりませんでしたー

 

 

おや すみと ふでが はんしも ありますよ

ちょっと かいて みましょうか

 

こういうのは ちょっと とくいな コッチめ ですよ

ほい さらさらさら っとね

 

 

ゆのひらの ふんいき すきですねえ

あらら 天然うなぎ ですってよ 座長

 

ううん おしょくじの タイミング では ないですねえ

 

また きましょ

 

ゆあがりに ほねせんべいで いっぱい やって

やきあがりを まちましょね

 

で いしだたみを ながしましょ

 

 

あつい湯でまたぐらにも汗

自由律は こんな かんじ でしょか

 

 

↓どれか一つをクリックいただくとうれしいです。 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

↑いつもありがとうございます。

プライバシーポリシー